団体紹介 広島市「協同労働」プラットフォーム 2014年6月(事業実施主体者:広島市経済観光局雇用推進課、受託運営団体:NPO法人ワーカーズコープ)事業開始

広島市「協同労働」プラットフォームからのお知らせ

       

団体情報

団体概要

事業者名 広島市「協同労働」プラットフォーム
所在地 広島市中区本川町2丁目6-11第7ウエノヤビル3階
交通機関 広電本川町電停すぐ(太田鋼管ビル西側)
連絡先 TEL : 082-554-4400
FAX : 082-554-4401
メールを送る
「協同労働」プラットフォームFacebookページ
出資者 7名(男性4名 女性3名)
平均年齢

事業内容

広島市は平成26年度から社会参加を希望する意欲のある高齢者(60歳以上)が中心になって、地域課題の解決のために「協同労働」という働き方で取り組むことを推進するモデル事業を実施しています。
「協同労働」プラットフォームでは働く人が出資・経営を責任を持って行なう働き方である「協同労働」という新たな働き方の市民への周知活動や、「協同労働」の仕組みを使って事業の立ち上げを行う団体の立ち上げ支援や立ち上がった後の運営支援を行います。

1.「協同労働」という新たな働き方の市民への周知活動
  ①地域別勉強会の開催
  ②テーマ別勉強会の開催
  ③「協同労働」取組事例発表会の開催

2.個別支援
  本モデル事業に興味のある方や団体に対して個別支援を行います。

3.「協同労働」の仕組みを使って事業の立ち上げを行う団体の立ち上げ支援
  地域課題を解決するために「協同労働」の仕組みを使って事業を立ち上げる団体に対してコーディネータが支援を行います

4.立ち上がった後の団体に対する運営支援
  原則として3年間、団体に対してコーディネータが運営等の支援を行います

広島市「協同労働」プラットフォームです!

「協同労働」を通して地域の力になりたいあなたを応援します

広島市「協同労働」プラットフォームについて

協同労働プラットフォームでは、出資・経営・労働を皆で責任を持って行なう働き方である「協同労働」という働き方を通して、地域が抱える問題に立ち向う皆さんの支援を行なっています。団体の立ち上げから、日々の運営まで、コーディネーターがしっかりとサポートします

2014年度「協同労働」シンポジウム ★『地域課題に取り組む新たな働き方』
基調講演「高齢社会の新たな課題~高齢者就労及び地域包括ケアについて」(東京大学 特任教授辻 哲夫先生)
2015年度「協同労働」シンポジウム ★『みんなが主役の働き方』
基調講演「新たな時代に求められる新しい働き方~みんなが主役の協同労働 その可能性」(NHK解説員 後藤千恵さん)
2016年度「協同労働」取組事例発表会 ★『地域の声を事業にする』
講演「地域課題を宝に変える住民主体の取り組み」(農業組合法人ファーム・おだ 組合長 吉弘 昌昭さん)
2017年度「協同労働」取組事例発表会 ★『地域と自分を笑顔にする働き方』
講演「地域の中で、地域のために『はたらく』こと」(日本労働者協同組合連合会専務理事 古村 伸宏さん)
地域別勉強会
・モデル区域における「協同労働」による取組の周知を目的にした勉強会
課題別勉強会(テーマ別勉強会)
・具体的な地域課題について検討を深めることを目的にした勉強会